エレメントの話

ホロスコープには、12コのサイン(星座)を空気という4つのグループに分けたエレメントと呼ばれるものがあります。この4つグループの特徴がわかると、自分や自分と関わる人たちの性質をおおまかに伺い知ることができます。ざっくりした対処療法としておすすめです

あなたのコミュニケーションタイプ診断

☆火のメンバー(おひつじ・しし・いて)
アイディアを言いたい
自分の意見に自信を持っている人たち。アイディアマンだが、人の話はあまりよく聞かない。とりあえず話をさせてあげることが大切。一通り話すと、それで気分を良くしてくれる場合あり。率直さが良さ。比較的裏表がない。ほめると、少し面倒なこともやってくれる気のいい方たちだ。

☆地のメンバー(おうし・おとめ・やぎ)
現実にこだわる
じっくり時間をかけて真面目に取り組む人たち。ひとつひとつ考えて話を進めるため、せっかちな人からすると少しイライラするところも。事実・現実が第一優先事項となるため、発想だけでは納得しない。実際の結果がクリアになるような提案の仕方をすると話が展開しやすい。計画や企画の実現に向けては実に頼りになる方たちだ。

☆空気のメンバー(ふたご・てんびん・みずがめ)
割り切り上手

理論派の人たち。要領よくものごとを進めたいと考えているので、他人の話は要点だけ拾って聞き流している傾向。感情論やモチベーションに訴えかけるようなやり方は効果がない。情報操作能力に長け、スピード感がある。いろいろたくさん情報をを渡して「こんな風にしたい」と言えば、うまくまとめてくれるだろう。

☆水のメンバー(かに・さそり・うお)
人に合わせる
今相手がどんな気持ちなのかを気にしている人たち。調和的解決を優先する。嫌われることを恐れる傾向も。本人の意見も多分あるとは思うが、人を気にしてか、あまり主張することはない。強引さがなく、やや他人任せにしがちだが、ブレーンとしてリーダーの良き相談相手となれる存在。愚痴があるときは、この水のメンバーに話をすると共感してもらえる。